骨盤のゆがみ 生理痛緩和「福辻式」ストレッチ DVD 自宅で軽減

生理痛と骨盤のゆがみの関係

生理痛は骨盤のゆがみが大きく関わっているのをご存じですか?
生理痛の下腹部の痛みは、子宮を収縮させるホルモンの過剰分泌や生理で排出される血液である経血が通る子宮口の狭さが引き起こし、冷えやストレス、骨盤のゆがみが生理痛を強めることがあるんですね。

 

 

そもそも左右対称の形をしている骨盤が歪む原因は、足を組んで座るなど悪い姿勢を続けることで、筋肉が偏って発達してしまい、それに引っ張られて骨盤と脊柱が歪んでしまうのです。
また、骨盤は、上半身と下半身の脚をつなぐ軸となるものなので、骨盤が歪むと全身に歪みが生じてきます。

 

 

そして、生理で子宮内膜が剥がれ生理の経血を外に出す時に子宮がが拡張しますが、骨盤に歪みがあると恥骨が圧迫されてしまい、子宮が拡張できずに痛みが起こるのです。

 

 

また、生理痛の為に座ってばかりいたり、運動不足で姿勢が悪くなると、骨盤が本来ある正しい位置を保てなくなり、骨盤が後ろに倒れ、恥骨がずれて子宮を圧迫し、血行が悪くなり、神経に当たって痛みが起きたりもします。

 

 

いずれにしても、骨盤の歪みが子宮を圧迫することや、冷えや運動不足などで血行が悪くなり生理痛が悪化することもあるので、日頃からストレッチや軽い運動などをして血行を良くしておくことが、生理痛を和らげるには大切でしょう。

 

 

簡単なストレッチやツボ押しを5分やるだけ!

 

生理痛緩和「福辻式」ストレッチDVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
実践者の声 生理痛の基礎知識 リンク集