生理痛緩和「福辻式」ストレッチ DVD 症状 自宅で軽減

生理痛の症状

生理についてもっとも一般的な悩みは生理痛ですね。
生理は健康な人なら13歳前後で始まり43歳から55歳くらいで閉経するまで生理は毎対訪れます。
普段は、当たり前になってさほど気にとめないと言う人もいるでしょう。

 

 

ですが、一方で生理痛が酷くて学校や会社を休んでしまったり、生理前になると憂鬱になると言った悩みを抱えている女性も少なくありません。

 

そして、多くの女性に多く見られるのが1日目,2日目に起こる下腹部の痛みというものです。
この痛みは鈍いど〜んという感じの痛みが多いようです。

 

 

その他の症状としては、頭痛がして、汗をやたらかく、めまい、のぼせなどの症状を訴える人や、痛みの他に便秘になったり、逆に下痢になる人もいます。

 

 

また、軽い吐き気や腰痛に悩まされたりしまう人もいます。
生理痛自体は、仕事など何かに熱中していれば、直ぐに忘れられる程度の軽いものから痛みが酷くて仕事や勉強に集中できない、通勤電車で立っていられない程つらいものまで症状は人により様々です。

 

 

痛みや体の不調があまり日ぢ時には「月経困難症」と言うこともあります。
誰がみても特定の場所に病気が見当たるわけではなく、一概に病気とは言い切れませんが、どこからどこまで病気で、どこからが普通の生理痛なのかを線引きするのは難しいものです。

 

 

ですが、明らかに症状が酷く寝込んで学校や会社などにいけないなど、日常生活に支障をきたしてしまう状態なら月経困難症と言えるでしょう。

 

 

生理痛は、一般に骨盤の血液の循環が悪くなることも原因の一つとも言われています。

その為、軽い運動などのストレッチをすることで、生理痛の痛みを軽減することが出来ます。

 

 

生理痛緩和「福辻式」ストレッチDVDの詳細を見てみる >>

 

 

 
実践者の声 生理痛の基礎知識 リンク集